トリマー 動物看護 専門学校 養成校 関東 関西
トリマーとは、「トリミング(毛を刈りそろえて整える)する人」という意味で、外国ではグルーマーと呼ばれます。簡単に言うと「犬や猫の美容師さん」のこと。シャンプー・リンス、ドライヤーでの乾燥、毛のカット、毛染め、爪切り、耳掃除などを行います。
 ペットショップやペットホテルを併設している職場では、トリマーの仕事だけでなく、預かった犬の散歩や食事の世話、犬舎の掃除やペットグッズの販売など、さまざまな仕事をする場合もあります。
 また、トリマーはペットの体にくまなく触れるので、耳のトラブルや腫瘍などの病気の早期発見に、一役かうことも。そのため、飼い主からは美容に関する相談はもちろん、健康管理やしつけに関する相談を受けることもあります。
 日本でトリマーの仕事が広まったのは、戦後、社会が豊かになり、マルチーズやプードルといった洋犬が入ってくるようになってからのことです。とくに近年は暮らしにゆとりが生まれ、我が子同然にペットをかわいがり、時間とお金をかけることを惜しまない人が増えています。ペットの美しさを引き出してくれる確かな技術を持ったトリマーを求める声は、今後も高まっていくでしょう。
 現在、トリマーの9割近くを女性がしめているといわれ、ペット関連の仕事の中でも人気の高い職業の一つです。
トリマーの適正としてまず第一にあげられるのは、動物が大好きで、世話をすることが苦にならない人ということです。
 ただし、「動物は好きだけど、人付き合いは苦手」というのでは務まりません。飼い主がペットにどんなスタイルやサービスを望んでいるのか、ニーズを正しく把握するためには、コミュニケーション能力が欠かせません。また、トリマーは飼い主にとって、美容や健康のアドバイザーでもあります。さまざまな相談に応えられるだけの知識を日ごろから身につけておけば、飼い主との信頼関係も深まって、次の仕事にもつながっていくでしょう。
 もちろん、ハサミやバリカンを使いこなすための手先の器用さも必要です。トリミングは、犬種によってスタイルや方法が異なり、カットだけでも200種類以上にのぼるといわれます。さらに、それぞれの毛質や体型の違いに合わせてカットのスタイルを決めていきますから、幅広い知識と技術が必要です。
 また、スタイルにも流行があり、新しいデザインもどんどん発表されています。そうした流行に敏感で、常に新しい技術を学び、センスを磨いていくことができる人が、トリマーに向いています。
 そして、体力も必要です。なにしろ、ときには50キロもある超大型犬を扱うこともありますし、ほとんど一日中立ち仕事ですから、かなりの体力が必要です。なかにはかみつきグセのある子や激しく抵抗する子もいますから、危険な目にあう可能性もあります。そんなときにもひるまない強さと、集中力が求められます。
トリマーの就職先は、ペット専用の美容室をはじめ、ペットショップ、デパートのペットコーナー、動物病院、ペットホテル、犬のテーマパークなどさまざまです。それらの多くは、養成スクールを通して募集を行っています。
 スクールを卒業しても、トリマーとしてはまだまだ半人前。実際の仕事の場で、種類も年齢も性格もそれぞれに異なるいろいろなペットを扱い、接客業務や雑用をこなすなかで、技術を磨き、さまざまな知識を身につけていきます。ですから、トリマーとしての自分自身の成長を考えるなら、厳しくても高い技術水準を持った職場を選びたいものです。
 トリマーは技術職ですから、キャリアを積んで一人前と言われるようになると、実力次第では新しい世界にチャレンジすることも可能です。
 たとえば、独立して自分の美容室を経営するのも一つの方法です。生体の販売を同時に行うには自治体への届け出が必要ですが、美容室だけなら必要はありません。そんな資金はないという人なら、出張専門のトリマーとして開業することもできます。あるいは、ドッグショーの専属トリマーとして活躍する道もあるでしょう。いずれにしても、いかに優れた技術を身につけられるか、そして、どれだけたくさんの顧客の信頼を集められるかにかかっています。
トップへ戻る